Check out these articles

Nishijin-Ori, the Pride of Kyoto's Crafts. Enjoy the Finest Craftsmanship That Artisans Have Been Preserving for More Than 1,000 Years!
Video article 7:15
Uetsu Shinafu: A Traditional Craft of Yamagata Prefecture with Which You Can Feel the Beauty of Ancient Japanese Culture. Don’t Overlook These Exquisite Woven Works of Art That Remind Us of Days Past
Video article 5:00
Omi Jofu Is a Traditional Craft of Hikone, Shiga Steeped in Japanese Culture. The Kimono, Which Is Characterized by Its Refreshing Comfort, Is Made With the Techniques of Skilled Artisans!
Video article 4:55
This article's video description is currently in the process of being translated.
Cool Japan Videos is looking for people who can translate explanatory articles for videos introducing Japan.
Let's spread the charm of Japan to the world with us.

雪さらしとは?

「【4K】越後上布の雪さらし(南魚沼市塩沢地区)」は、麻織物を作る工程で大事な雪さらしについて紹介をしている動画です。
雪さらしとは、雪の紫外線反射を利用して漂白をする、越後上布において重要な工程の一つです。

この工程は江戸時代から行われており、その工程が取り入れられている越後上布は日本が誇る伝統工芸品です。

自然の力に頼ることで、人工的にするよりも綺麗に漂白することができます。
その鮮やかな仕上がりから、越後上布では無くてはならない工程となっています。

この雪さらしは毎年2月下旬から4月上旬までの良く晴れた日の新潟県南魚沼市で行われており、一つの布に対して雪さらしは約1週間程度行われます。

雪さらしを必要とする伝統工芸品について

越後上布の重要な工程である雪さらしですが、他の工芸品にもこの工程は受け継がれています。
一つ目は小千谷縮で、麻織物の最高峰ともされている立派な日本が誇る織物です。

苧麻(ラミー)を素材として使用しており、ユネスコ世界無形文化遺産登録されていることから、世界的にも有名な日本の伝統工芸品の一つとされています。

二つ目は塩沢紬で、越後上布無くして塩沢紬は作られなかったほど、縁の深い織物となっています。
塩沢紬も伝統工芸品として日本に登録されています。

雪さらしの歴史と織物についてのまとめ

日本が誇る伝統工芸品の一つ越後上布、その工程において重要とされている雪さらしについて、ご紹介させて頂きました。

日本の歴史においても深く繋がりがあり、和の象徴でもある着物にも使用されていることから、その重要性が分かるのでは無いでしょうか。

動画でも雪さらしの雄大さを堪能することが出来ますが、新潟県にある塩沢織物研修センターに行くことで、実際に雪さらしを見学することも出来ます。

2月から4月にかけて日本に、そして新潟県に足を運ぶ機会がありましたら、ぜひ見学を検討してみてはいかがでしょうか。

Written By
Jan. 7, 2021
Japan
鈴木 正孝(Masataka Suzuki)
Yuki Sarashi Is a Technique Used to Produce Echigo Jofu and Can Only Be Seen in the Winter Season in Niigata Prefecture. Echigo Jofu Is a Symbol of Japanese Style, and Is Used to Decorate Kimono Beautifully.
If this article interests you, be sure to leave a follow.

Recommended Articles