この記事もチェック

茶室を演出する「露地」とは?裏千家の茶庭をひつらえる庭師の技術とこだわり
動画記事 29:17
凹んだ車もプロの板金技術で見事に修復!静岡県の自動車修理板金技術を見学しました
動画記事 15:28
日本庭園を室内に!灯籠や石橋、盆栽…超絶リアルなミニチュア庭園の作り方が12分でわかる!
動画記事 12:26

移動式の日本庭園「軽トラガーデン」コンテスト動画について

「日本らしさを味わえる作品を知りたい」
「日本の職人が作った美術品のような作品で何かいいものはないかな?」

このように、日本らしい景観を楽しめるものを探している方に必見の動画を紹介します。
「yuji kuroda 96TV」が制作する、「軽トラガーデン 軽トラックの荷台を庭に!」では、軽トラックの荷台になんと日本文化独自の造園を乗せているという一風変わった文化の紹介です。
知らない人も見たことのない人も多いのではないでしょうか?一度ご覧になれば軽トラガーデンの魅力に虜になりますよ。

この記事では、日本の軽トラガーデンの魅力や、概要などを説明したいと思います。

日本独自の造園である軽トラガーデンとは

軽トラック ガーデンの画像
画像引用 :YouTube screenshot

日本の新しい造園である軽トラガーデンは、トラックの荷台の小さいスペースにつくったとてもユニークな庭園です。
軽トラガーデンは庭師の知名度をあげるために10年ほど前から始まったそうです。
トラックの荷台の小さなスペースにある庭園という意外性から注目され始め、海外からも高評価を受けています。

また、軽トラガーデンは意外性だけでなく、庭園をそのまま移動できるので、いろいろな場所のイベントやコンテスト・ショーで展示できるというメリットも。
小さなスペースの中で職人の技法をこらした造園は、芸術品のようで一見の価値ありです。

日本独自の造園である軽トラガーデンの魅力や作り方を説明

日本のあたらしい造園である軽トラガーデンの魅力は、小さなスペースの中に凝縮している日本庭園の美しさでしょう。
市販のトラックの限られた荷台のスペース(約2m×1.4m)の中で、職人が石や砂、松や苔を使い庭園を造っていきます。庭園の細かいところまで職人が手仕事で造っており、荷台の上とは思えないほどの完成度。
動画では一台一台異なる美しさを表現するさまざまな軽トラガーデンを紹介していますよ。

軽トラガーデンの画像
画像引用 :YouTube screenshot

また、定期的に開催している軽トラガーデンのコンテストでは、さまざまな種類の軽トラガーデンを見ることができます。
お花が美しい造園や、水がしたたり落ちる風情のある造園など、インスタ映えするトラックが並ぶ光景はどれも特徴があり見ていて飽きません。
あたらしい造園スタイルである軽トラガーデンコンテストで日本らしい、美しい景観を楽しみましょう!

日本独自の造園である軽トラガーデンコンテストはどこで見ることができる?

軽トラック ガーデンの画像
画像引用 :YouTube screenshot

日本の独自の造園である軽トラガーデンは各地で開催されている「軽トラガーデンコンテスト」で見ることができます。
過去には、万博や大阪、富山、滋賀でコンテストが開催されています。
この「軽トラガーデンコンテスト」は2011年に富山県の緑化イベント内で実施されたのが最初でその後、全国各地域の緑や技能に関するイベントで開催されるようになり、2018年は秋田、2019年は大阪で開催されました。
詳しくは、日本造園組合連合会のホームページで見ることができるので、「軽トラガーデンコンテスト」が気になる方はチェックしてください。

日本独自の造園である「軽トラガーデンコンテスト」紹介のまとめ

「yuji kuroda 96TV」が制作する、「軽トラガーデン 軽トラックの荷台を庭に!」では個性あふれる軽トラガーデンコンテストを紹介しており、その美しさに感動するでしょう。
造園屋さんの職人が腕を競うコンテストがショー化され人気のイベントとなっています。
あなたのお気に入りの一台が絶対に見つかりますよ!

【公式ホームページ】日本造園組合連合会
https://www.jflc.or.jp/

この記事を書いた人
2020年10月17日
日本
鈴木 正孝(Masataka Suzuki)
浅草住みの気ままライター。旅行と小説を読むことが趣味
必見!日本独自の文化”造園”をなんと軽トラの荷台に!軽トラガーデンは移動式の日本庭園。職人がつくる庭園の魅力を紹介
この記事が気に入ったらフォローしてね

あなたへのおすすめ