宮崎県 ごかせ観光協会

8 日前(編集済み)
[画像1]【宮崎県 五ヶ瀬町 伝統芸能】桑野内神社神楽桑野内神楽が始まったのは、明治初めの現存する舞衣に明治3年と書かれており、さらに桑野内神社が土生に移転したのが同年であることから平行して神楽が始まったとされ
[画像2]【宮崎県 五ヶ瀬町 伝統芸能】桑野内神社神楽桑野内神楽が始まったのは、明治初めの現存する舞衣に明治3年と書かれており、さらに桑野内神社が土生に移転したのが同年であることから平行して神楽が始まったとされ
[画像3]【宮崎県 五ヶ瀬町 伝統芸能】桑野内神社神楽桑野内神楽が始まったのは、明治初めの現存する舞衣に明治3年と書かれており、さらに桑野内神社が土生に移転したのが同年であることから平行して神楽が始まったとされ
[画像4]【宮崎県 五ヶ瀬町 伝統芸能】桑野内神社神楽桑野内神楽が始まったのは、明治初めの現存する舞衣に明治3年と書かれており、さらに桑野内神社が土生に移転したのが同年であることから平行して神楽が始まったとされ

【宮崎県 五ヶ瀬町 伝統芸能】桑野内神社神楽

桑野内神楽が始まったのは、明治初めの現存する舞衣に明治3年と書かれており、さらに桑野内神社が土生に移転したのが同年であることから平行して神楽が始まったとされています。

お面が「般若面」で、ほかの神楽より多く使用されており、テンポが速いのが特徴です。

後世まで伝えるために地域ぐるみで伝承活動をし、後継者の育成に力を入れています。

春と秋には桑野内神社大祭での奉納、1月には五穀豊穣、住民の安泰を祈念し夜を徹して神楽の奉納が行われています。

桑野内神社夜神楽日程… 毎年1月第2土曜日