[画像1]「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。
[画像2]「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。
[画像3]「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。
[画像4]「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。
[画像5]「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。
[画像6]「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。

「私は良い夢を夢見ますが、良い夢は夢を見ません。」
豊臣秀吉はいつも「自分だけが楽しんでいるのなら無駄だ。彼はいつも彼の周りのみんなを喜ばせたいと思っていました。
"よき夢を見するがな"
豊臣秀吉には「自分だけが楽しんでも仕方がない。周りも喜ばせたい」という思いが常にありました。

これは自動翻訳された文章です。
原文を表示する 原文を非表示にする