36 results
  • Poster
  • Image
  • Share
  • Region
  • Tag
COOL JAPAN VIDEOS 運営
3 days ago
千葉県鴨川にある旅館 璃庵の公式アカウント「千葉 鴨川温泉 璃庵 / Lien」さんの投稿をご紹介! 落ち着く和風建築と開放的な温泉露天風呂付客室が魅力的ですね。 2022年8月にOPENした「鴨川温泉 璃庵(りあん)」は太海海岸を見下ろす絶好のロケーション。 オーシャンビューの客室をはじめ、お食事は房総で水揚げされて極上の魚料理などを堪能できます。
千葉 鴨川温泉 璃庵 / Lien
Nov. 3, 2022 (edited)
千葉 鴨川温泉 璃庵です。2022年8月8日にOPEN致しました。
昔の日本旅館をイメージして建てられた和風建築。優しい木の温もり、香り。そして目の前には海が広がります。お部屋の前とロビー前に備えられた水盤は夜の月を映し出し、風で波打ち、夜の露天風呂を一層素敵に演出してくれます。露天風呂は足を伸ばしてちょうどくらいの大きさ。
空を見上げながら落ち着く時間をお過ごしいただけます。

OPEN当初は民家と宿の間に樹木もなく見通しが良すぎでしたが、現在は民家が気にならない高さの草木の隙間から外が少し見える程度になり、向かいの視線が気にならなくなりました。新しい写真はもう少々お待ちください。もちろん綺麗な海を一望していただけます。

お部屋は全部で10部屋。そのうち4部屋はダイニング付きのお部屋食となります。お食事処は個室で山側の景色をご覧いただけます。

本日ご紹介するお部屋は『鶴雲』です。

[ CONCEPT ]
<吉祥文様:二ツ丸龍> × <テーマカラー:青碧>
水を司る神として尊ばれ、守護、豊穣の象徴として人々の信仰を深めてきた龍。力強さがみなぎる「二ツ丸龍」がデザインモチーフ。
璃庵の周囲に広がる山々を想起させる「青碧」をテーマカラーにして、内装や家具類をコーディネートしています。

【客室タイプ】
離れ 和室10畳、ダイニング、ベッドルーム(シモンズ社製2セミダブルベッド)(85m²)
温泉露天風呂(鴨川温泉「なぎさの湯」)+内湯 / テラス
【定員】
2名(5名様まで可)
【客室内設備】
冷暖房 / 洋式トイレ(ウォシュレット) / 金庫 / Moobibear 高速バランスイオンドライヤー / 55インチテレビ(NETFLIX視聴可) / 無線LAN / 冷蔵庫 / 湯沸しポット / エスプレッソマシン / お茶セット / エアドッグ(高性能空気清浄機)
※お部屋は全室禁煙です。(愛煙家の方は館内の指定喫煙場所をご利用ください)
【アメニティ】
※女性用アメニティーには「POLA B.A」採用
シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディミルク(いずれもイタリア産オーガ一ニックのナチュラルファンデーション採用)
/ タオル3種 / 作務衣 / パジャマ / 足袋靴下
【お食事】
客室内のプライベートダイニングにてお部屋食

「COOL JAPAN VIDEOSを見た」とご予約の際お伝えいただきますと、グラス提供ドリンクの中からお好きなものをご宿泊のお客様全員に1杯お付けいたします。

皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!!

kamogawalien.com/
  • Japanese inn
  • Outdoor bath
  • Hot springs
  • Travel
  • Great view
  • Chiba Prefecture
  • Kamogawa
  • Kanto region
COOL JAPAN VIDEOS フォトコン広報-Photo Contest Publicity-
4 days ago
「みんなの投稿」に投稿いただいたお写真をご紹介! インバウンド観光情報SNS「クールジャパンビデオ」ピックアップ投稿です。 本日は「野崎 晴美」さんの投稿「阿蘇の黒川温泉の湯明かり」をご紹介します。 湯あかりの温かい光と自然の調和が絶景ですね。 2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星を獲得した九州地方・熊本県阿蘇郡南小国町にある「黒川温泉」。 「湯あかり」は冬の黒川温泉で開催されるライトアップイベントです。2012年から始まり昨年10周年を迎えました。 湯あかりのメインスポットは黒川温泉内を流れる田の原川にかかる「丸鈴橋」周辺。球体状の「鞠灯篭」を約300個吊るし、筒灯篭も灯された幻想的な景色は雪との相性も抜群です。 湯あかり見物には、湯あかりが見える温泉宿もおすすめです。 ・黒川温泉 やまびこ旅館 やまびこ旅館の渡り廊下から田の原川を眺めることができます。 温泉は2種類の泉質で「ダブル美肌の湯」と人気。露天風呂や多様な貸切風呂も堪能いただけます。 ・歴史の宿 御客屋 丸鈴橋まで約徒歩1分の場所にあり、江戸中期に創業した長い歴史を持つ宿。 純和風の客室や7つの湯処が魅力です。 ◆湯あかり◆ 【開催日程】2023年の開催は2022年12月17日(土)~2023年4月2日(日) 【点灯時間】夕方~22:00 【参加料金】無料 【住所】熊本県阿蘇郡南小国町 2023年のイベント情報は順次公開予定。公式ホームページをご確認ください。
野崎 晴美
7 days ago
阿蘇の黒川温泉の湯明かりです😊今年の冬に見に行った時の1枚です😄✨この場所は冬は雪❄が降り、寒いんですけど、あまりの素晴らしい風景に、寒さを忘れて魅入ってしまいました🥰 スマホ撮影です。
  • Light up
  • Events
  • Hot springs
  • Great view
  • Sightseeing
  • Instagrammable
  • Photo Contest
  • Travel
  • Oguni, Kumamoto Prefecture
  • Kyushu region
COOL JAPAN VIDEOS フォトコン広報-Photo Contest Publicity-
14 days ago
「みんなの投稿」に投稿いただいたお写真をご紹介! インバウンド観光情報SNS「クールジャパンビデオ」ピックアップ投稿です。 本日は「ksk1991fksm」さんの投稿「銀山温泉の雪景色」をご紹介します。 温かみのある街頭に照らされたレトロな街並みが美しい一枚ですね。 銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、東北地方・山形県尾花沢市にある「東の温泉情緒No1」にも選出された温泉街です。大正末期から昭和初期に建てられた旅館が軒を連ねるノスタルジックな景観が印象的。 昔ながらの街並みは、ドラマ「おしん」の撮影地としても有名で、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったといわれています。 また昼間はもちろん、街頭が煌めく幻想的な夜景はインスタ映えするスポットとしても人気です。 銀山温泉の川沿いには大正ロマンを堪能できる旅館が満載。中でもおすすめは、人気旅館の「銀山温泉 伝統の宿 古山閣」、無色透明の100%源泉掛け流し温泉で、檜造りの貸切り露天風呂も楽しめます。 登録文化財の宿「能登屋旅館」は千と千尋の神隠しの世界観も感じる木造三階建ての旅館です。温泉は展望露天風呂や洞窟風呂があり、また地元の食材を使用した尾花沢牛や鴨などのお料理も魅力のお宿。 日帰り旅行には、「共同浴場 しろがね湯」(利用料500円)や無料できる「和楽足湯」もおすすめです。 ◆交通アクセス◆ 東京から山形新幹線で約3時間+直通バス40分 【日帰り観光の場合】 「共同駐車場」「大正ろまん館前」に駐車(共同駐車場より先には日帰り観光駐車場はありません) 各駐車場からは、有料バスを利用
ksk1991fksm
Oct. 16, 2020
銀山温泉の雪景色。
輝く街並みが美しいです。
  • Ginzan Onsen
  • Hot springs
  • Snowscape
  • Great view
  • Instagrammable
  • Photo Contest
  • Sightseeing
  • Travel
  • Obanazawa
  • Yamagata Prefecture
千葉 鴨川温泉 璃庵 / Lien
Nov. 3, 2022
千葉 鴨川温泉 璃庵です。2022年8月8日にOPEN致しました。 昔の日本旅館をイメージして建てられた和風建築。優しい木の温もり、香り。そして目の前には海が広がります。お部屋の前とロビー前に備えられた水盤は夜の月を映し出し、風で波打ち、夜の露天風呂を一層素敵に演出してくれます。露天風呂は足を伸ばしてちょうどくらいの大きさ。 空を見上げながら落ち着く時間をお過ごしいただけます。 OPEN当初は民家と宿の間に樹木もなく見通しが良すぎでしたが、現在は民家が気にならない高さの草木の隙間から外が少し見える程度になり、向かいの視線が気にならなくなりました。新しい写真はもう少々お待ちください。もちろん綺麗な海を一望していただけます。 お部屋は全部で10部屋。そのうち4部屋はダイニング付きのお部屋食となります。お食事処は個室で山側の景色をご覧いただけます。 本日ご紹介するお部屋は『鶴雲』です。 [ CONCEPT ] <吉祥文様:二ツ丸龍> × <テーマカラー:青碧> 水を司る神として尊ばれ、守護、豊穣の象徴として人々の信仰を深めてきた龍。力強さがみなぎる「二ツ丸龍」がデザインモチーフ。 璃庵の周囲に広がる山々を想起させる「青碧」をテーマカラーにして、内装や家具類をコーディネートしています。 【客室タイプ】 離れ 和室10畳、ダイニング、ベッドルーム(シモンズ社製2セミダブルベッド)(85m²) 温泉露天風呂(鴨川温泉「なぎさの湯」)+内湯 / テラス 【定員】 2名(5名様まで可) 【客室内設備】 冷暖房 / 洋式トイレ(ウォシュレット) / 金庫 / Moobibear 高速バランスイオンドライヤー / 55インチテレビ(NETFLIX視聴可) / 無線LAN / 冷蔵庫 / 湯沸しポット / エスプレッソマシン / お茶セット / エアドッグ(高性能空気清浄機) ※お部屋は全室禁煙です。(愛煙家の方は館内の指定喫煙場所をご利用ください) 【アメニティ】 ※女性用アメニティーには「POLA B.A」採用 シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディミルク(いずれもイタリア産オーガ一ニックのナチュラルファンデーション採用) / タオル3種 / 作務衣 / パジャマ / 足袋靴下 【お食事】 客室内のプライベートダイニングにてお部屋食 「COOL JAPAN VIDEOSを見た」とご予約の際お伝えいただきますと、グラス提供ドリンクの中からお好きなものをご宿泊のお客様全員に1杯お付けいたします。 皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!! kamogawalien.com/
  • Great view
  • Travel
  • Instagrammable
  • Online GoTo Travel
  • Coast/Beach/Sea
  • Starry sky
  • Hot springs
  • Seafood
  • Chiba Prefecture
  • Kamogawa
千葉 鴨川温泉 璃庵 / Lien
Nov. 1, 2022
鴨川温泉 璃庵です。2022年8月8日にOPEN致しました。 昔の日本旅館をイメージして建てられた和風建築。優しい木の温もり、香り。そして目の前には海が広がります。お部屋の前とロビー前に備えられた水盤は夜の月を映し出し、風で波打ち、夜の露天風呂を一層素敵に演出してくれます。露天風呂は足を伸ばしてちょうどくらいの大きさ。 空を見上げながら落ち着く時間をお過ごしいただけます。 OPEN当初は民家と宿の間に樹木もなく見通しが良すぎでしたが、現在は民家が気にならない高さの草木の隙間から外が少し見える程度になり、向かいの視線が気にならなくなりました。新しい写真はもう少々お待ちください。もちろん綺麗な海を一望していただけます。 お部屋は全部で10部屋。そのうち4部屋はダイニング付きのお部屋食となります。お食事処は個室で山側の景色をご覧いただけます。 本日ご紹介するお部屋は『紫雲』です。 [ CONCEPT ] <吉祥文様:二ツ丸龍> × <テーマカラー:青碧> 水を司る神として尊ばれ、守護、豊穣の象徴として人々の信仰を深めてきた龍。力強さがみなぎる「二ツ丸龍」がデザインモチーフ。 璃庵の周囲に広がる山々を想起させる「青碧」をテーマカラーにして、内装や家具類をコーディネートしています。 【客室タイプ】 離れ 洋室、ベッドルーム(シモンズ社製2セミダブルベッド)(70m²) ※バリアフリー対応温泉露天風呂(鴨川温泉「なぎさの湯」)+内湯 / テラス 【定員】 2名(3名様まで可) 【客室内設備】 冷暖房 / 洋式トイレ(ウォシュレット) / 金庫 / Moobibear 高速バランスイオンドライヤー / 55インチテレビ(NETFLIX視聴可) / 無線LAN / 冷蔵庫 / 湯沸しポット / エスプレッソマシン / お茶セット / エアドッグ(高性能空気清浄機) ※お部屋は全室禁煙です。(愛煙家の方は館内の指定喫煙場所をご利用ください) 【アメニティ】 ※女性用アメニティーには「POLA B.A」採用 シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディミルク(いずれもイタリア産オーガ一ニックのナチュラルファンデーションを採用) / タオル3種 / 作務衣 / パジャマ / 足袋靴下 【お食事】 完全個室スタイルのダイニング「漣」にてご用意いたします 「COOL JAPAN VIDEOSを見た」とご予約の際お伝えいただきますと、グラス提供ドリンクの中からお好きなものをご宿泊のお客様全員に1杯お付けいたします。 皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!! kamogawalien.com/
  • Great view
  • Travel
  • Online GoTo Travel
  • Instagrammable
  • Coast/Beach/Sea
  • Chiba Prefecture
  • Kamogawa
  • Kamogawa
  • Kaiseki cuisine
  • Hot springs
開智国際日本語学校(Kaichi International School of Japanese)
Jan. 24, 2022
[English/日本語] The Tokyo Metropolitan Government has decided to apply priority measures to prevent the spread of the new coronavirus since last week, and Tokyo residents will have to refrain from activities for about three weeks. Due to the new coronavirus, people have been spending more and more vacations at home as "stayhome" since 2020. How do Japanese people spend their vacations? Let's take a look at it along with Japanese culture. 1) Games Japanese games have become popular all over the world due to the Corona disaster. For example, games in which you build your own room or town and interact with your friends, or games in which you run and stretch like in a gym are especially popular. Also, games that used to be board games are now being played online, expanding the possibilities of games. With the recent establishment of high schools for e-sports (games as sports) in Japan, it is clear that games are becoming an important content for Japan. 2) Bath time Japanese people love to take a bath in the bathtub. Many of them go on trips to hot springs during long vacations, and those who have given up on their trips due to stay-home are said to buy various bath salts in order to feel a little like they are on vacation. As a result, some companies reportedly had record sales of bath salts last year. Do you use bath salts in your country? I hope you will try them when you come to Japan. 3) Plastic models Have you ever heard of plastic models? Plastic models are dolls made of plastic, and you can assemble and paint them yourself. In Japan, they have long been sold as children's toys, but since the Corona disaster, they have become popular not only among children but also among adults. In particular, plastic models of anime are very popular. If you are ever in Japan, you might want to buy one as a souvenir. Extras There is a character that has become famous in Corona. It is "Amabie. Amabie has been appearing in books for the past 150 years as a monster that eliminates plague. Before the corona virus, Amabie was a character known only to a few people who liked yokai, but after the corona virus spread, his recognition increased mainly through social networking sites, and now he is recognized by most of the people in Japan. In the city, you can see many products with Amabie's picture on them. Please try to look for them. Our school also offers online classes. In addition to classes, we also offer online yoga, online origami classes, and other fun activities. If you are interested, please contact us and we will explain the school via zoom. Please feel free to contact us. 東京都は先週から新型コロナウィルスまん防止等重点措置が適用が決まり、都民は3週間ほど活動を自粛することになりました。新型コロナウィルスの影響で2020年から「stayhome」として、休みの日を家で過ごすことが多くなりました。日本人はどのように休みを過ごしているでしょうか。日本の文化と合わせて見ていきましょう。 ①ゲーム コロナ禍で日本のゲームは世界的に人気になりました。たとえば、自分の部屋や街を作って友だちと交流するものや、ジムのように走ったり、ストレッチをするゲームなどが特に人気があります。また、今までボードゲームだったものが、オンラインで対戦するようになったりとゲームが色々な可能性を広げています。日本では最近、eスポーツ(ゲームをスポーツ競技としてとらえる)の高校などができたりと、ゲームは日本にとって重要なコンテンツになっていることがわかります。 ②お風呂時間 日本人はお風呂で湯舟に入ることが好きです。また長期休みになると温泉に入るために旅行に行く人も多いです。stayhomeで旅行を諦めてしまった人達は少しでも旅行の気分を味わうために、色々な入浴剤を買っているそうです。そのため、去年の入浴剤の売り上げが過去最高だった企業もあるそうです。みなさんの国では入浴剤は入れますか?日本に来た時にぜひ試してみてくださいね。 ③プラモデル みなさんはプラモデルをご存知ですか?プラモデルはプラスチックでできた人形で、自分で組み立てたり、色を塗ったりすることができます。日本では昔から子どものおもちゃとして売られていたものですが、コロナ禍になってからは子どもだけでなく、大人にも人気になっているそうです。特にアニメのプラモデルが人気だそうです。日本に来られるようになったら、お土産として買ってみてもいいかもしれませんね。 番外編 コロナで有名になったキャラクターがいます。それは「アマビエ」です。「アマビエ」は疫病をなくす妖怪として150年前から本などに登場しています。コロナウィルスが流行る前までは一部の妖怪好きの人たちしかしらないキャラクターでしたが、コロナウィルスが流行ってからはSNSを中心に認知度があがり、今や国民のほとんどから認知されています。街にはアマビエの絵が描いてある商品をたくさん見ることができます。みなさんもぜひ探してみてください。 本校ではオンライン授業もおこなっております。また、授業だけではなく、オンラインヨガやオンライン折り紙講座などのお楽しみも用意しています。気になる方はお問合せいただくと、zoomでの学校を説明を行います。
  • Life in Japan
  • Coronavirus
  • Games
  • Hot springs
  • Plastic Model
  • Japan
  • Japanese-language school
  • International students
  • Study abroad
開智国際日本語学校(Kaichi International School of Japanese)
Nov. 15, 2021
[English/日本語] This time, I'd like to continue my introduction to manners. This time, it's about manners when using leisure facilities. Manners at amusement parks At our Japanese language school, we have field trips several times a year. The locations include amusement parks, zoos, and other facilities. For this reason, we go over the precautions in class before the field trip. In this article, I would like to introduce some of these precautions. Tattoos are more common among international students compared to Japanese. Many leisure facilities in Japan refuse to accept people with visible tattoos. At one Japanese language school, there was a case where a student was not allowed to enter the facility because they did not check beforehand. Some facilities will allow you to enter if you are invisible, so you may want to carry a jacket even in the summer. However, this is not possible in the case of swimming pools, so give up using the facilities. Also, many places prohibit taking pictures using selfie sticks and live streaming of social networking sites. Be sure to check the precautions beforehand before you go. Onsen(hot spring)Manners It is difficult for even Japanese people to understand all the rules and manners of hot springs and public baths. For this reason, I often hear from international students that they have yet to try them because it seems too difficult to know how to enter. So what kind of rules and manners are there in onsen and sento? The first thing you must do before entering an onsen is to take a "kakeyu," which means to pour hot water on your body to remove dirt from your body before entering the onsen. There are also other things to keep in mind when washing your body. In hot spring facilities, the chairs used for washing your body are shared. Be sure to wash the chair well before putting it away when you are done using it. Also, women should tie their hair up when they enter the onsen. Do not put anything other than your body in the hot spring. The same goes for towels. Leave your towel in the luggage area or put it on your head. If it is your first time in a hot spring, be careful not to stay in the hot spring too long. If you are not used to hot springs, you may get sick. Hydrate frequently while bathing. Even Japanese people sometimes forget the detailed rules, so most onsen facilities have written instructions on how to enter the onsen. There are also YouTube videos that show you how to get in and out of the onsen, so please check them out. Manners in the Park Lastly, I would like to introduce the manners of the parks that are closest to us. I often hear foreigners talking about how parks in Japan are not very free. There are sometimes foreign students who get into trouble in the parks, so it is important to learn park manners as well. One of the most common problems I hear about is foreign students taking fruits and nuts from trees planted in the park. The trees and flowers planted in the park basically belong to the park, so you should not take them home. There are also many people who break the branches of cherry trees during the cherry blossom season. There is a Japanese proverb that says, “Fools who cut cherry trees. Fools who do not cut plum trees." If you cut off an important branch of a cherry tree, it may start to rot. Never cut cherry blossoms, no matter how beautiful they are. Also, I am sometimes asked by students if they can play soccer with their friends in the park. In most parks, you are not allowed to use a ball. Therefore, if you want to play soccer, you need to make a reservation at a local ground. For more information, ask your school teacher or a Japanese person close to you. These are just a few of the things I introduced here. Please be sure to check the website of any leisure facilities you wish to use. Our school offers related classes before and after the field trip. It is a popular way for students to deepen their understanding of Japan, not only by playing but also by learning. I hope that everyone will try to learn about Japanese culture from various places in Japan. 今回も前回に引き続きマナーについて紹介します。今回はレジャー施設を利用するときのマナーです。 遊園地のマナー 日本語学校では年に数回校外学習を行います。場所は、遊園地や動物園などの施設などです。そのため、校外学習の前に注意事項を授業中に確認します。今回はその注意事項の一部を紹介します。日本人と比べて留学生に多いのがタトゥーです。日本のレジャー施設では見えるところにタトゥーを入れている人を断っているところが多くあります。ある日本語学校では事前の確認を行わなかったために学生が施設に入れなかったことがあるそうです。見えない状態になっているなら入園を許可する施設もあるので、夏場でも上着を持つようにするといいかもしれません。ただし、プールの場合はそれができないので、施設利用を諦めましょう。また、自撮りスティックを使用しての写真撮影や、SNSのライブ配信などを禁止しているところも多いです。事前に注意事項を必ず確認してから行くことにしましょう。 温泉のマナー 温泉や銭湯などは日本人でもルールやマナーをすべて理解するのは難しいです。そのため、留学生からは、入り方が難しそうだからまだ挑戦できていないという話をよく聞きます。では温泉や銭湯にはどんなルールやマナーがあるのでしょうか。まず、温泉に入る前にしなければならないのは「かけ湯」です。「かけ湯」は体にお湯をかけることで、温泉に入る前に体の汚れを落とす目的があります。また、「かけ湯」をすることで、お湯に体を慣れさせる意味もあります。その他にも体を洗うときにも注意をする点があります。温泉施設では体を洗うときに使う椅子は共同です。自分が使い終わったら、必ず椅子をよく洗ってから片付けるようにしましょう。また、女性の場合温泉に入るときは髪を束ねましょう。温泉の中に体以外はつからないように気を付けてください。タオルも同じです。タオルは荷物置き場におくか、頭の上にのせるようにしましょう。初めて温泉に入る人は長く温泉に入りすぎないように気を付けてください。温泉に慣れていないとときどき具合が悪くなる人がいます。入浴中はこまめに水分補給をしましょう。日本人でも細かいルールを忘れてしまうことがあるので、だいたいの温泉施設では入り方の注意事項が書いてあります。また、YouTubeなどでも入り方などが公開されているものもあるのでぜひ見てみてくださいね。 公園のマナー 最後に一番身近にある公園のマナーについてご紹介します。よく外国人が日本の公園は自由が少ないと話しているのを聞きます。公園内でトラブルを起こす留学生も時々いるので、公園のマナーもしっかりと学びましょう。よく聞く留学生トラブルは、公園に植えてある木から木の実や果物をとってしまうことです。公園に植えてある木や花は基本的に公園のものなので、持ち帰ってはいけません。また、桜の季節になると桜の枝を折る人も多くいます。日本のことわざに「桜を切る馬鹿、梅を切らぬ馬鹿」というのがあります。桜は大切な枝を切ってしまうと、そこから腐り始めてしまうことがあります。いくらきれいでも絶対に切らないでください。また、学生から友達とサッカーをしたいけれど公園でしていいかと相談を受けることがあります。ほとんどの公園ではボールを使ってはいけないことになっています。そのため、サッカーをしたい場合には地域のグラウンドを予約するなどが必要になります。詳しくは学校の先生や身近な日本人に聞いてみてください。 今回紹介したものはほんの一部です。レジャー施設を利用する場合は事前確認を必ずするようにしてください。本校では校外学習の前後に関連した授業を行っています。遊ぶだけではなく、学ぶこともできるので、日本への理解が深まったと好評です。みなさんもぜひ日本の色々な場所から日本文化を学んでみてくださいね。
  • Japan
  • Japanese-language school
  • International students
  • Study abroad
  • Life in Japan
  • Theme park
  • Hot springs
  • Park

Recommended Articles