1,745 results
  • Poster
  • Image
  • Share
  • Region
  • Tag
COOL JAPAN VIDEOS フォトコン広報-Photo Contest Publicity-
15 hours ago
「みんなの投稿」に投稿いただいたお写真をご紹介! インバウンド観光情報SNS「クールジャパンビデオ」ピックアップ投稿です。 本日は「kafe」さんの投稿「京都の貴船神社」をご紹介します。 連なる朱色の灯篭と緑のコントラストが印象的な一枚ですね。 「貴船神社(きふねじんじゃ)」は関西地方・京都府京都市にある自然豊かな古社です。 心願成就・縁結びのご利益があり、京都有数のパワースポットとしても人気の観光スポット。 本宮の紅葉や、参道に並ぶ幻想的な灯篭と雪景色など四季折々の絶景も楽しめます。 夏の風物詩として知られている例祭「貴船祭」は、神事や神輿の巡礼、招福餅まきなどで賑わう催しです。 迫力のある出雲神楽も見どころの一つ。 神事以外は一般の参詣者も参加可能です。 水の神を祀っている貴船神社のおみくじは、御神水に浮かべると文字が浮かび上がる「水占みくじ」が個性的で評判。 また、御朱印は「貴船神社」と「奥宮」の2種類あり、貴船神社の御朱印は御朱印長に直書きしてもらえますが、奥宮の御朱印は書き置きのみとなっています。 ◆貴船神社◆ 【交通アクセス】 ・車 京都駅から北へ約40分(約18km) 名神高速東ICから北へ約50分(約20km) 【京都駅からのアクセス】 ・電車の乗り継ぎ+バスを利用 所要時間:約1時間 京都駅→JR奈良線「東福寺駅」乗換→京阪本線・鴨東線「出町柳駅」乗換→叡山電車鞍馬線「貴船口駅」下車、京都バス「貴船口駅前」バス停→「貴船」バス停から徒歩約5分 ・地下鉄+バス 所要時間:約1時間 京都駅→地下鉄烏丸線「国際会館駅」乗換→京都バス(貴船口・鞍馬行)「貴船口」バス停下車、京都バス「貴船口駅前」バス停→「貴船」バス停から徒歩約5分
kafe
Jul. 7, 2021
初めて京都の貴船神社に行きました!
水占いデジタルも対応しててすごい!w

ここは緑が鮮やかで夏はまさに映え✨ですね
  • Shrine
  • Great view
  • Sightseeing
  • Travel
  • Photo Contest
  • Instagrammable
  • Kyoto (City)
  • Kyoto Prefecture
  • Kansai region
  • Japan
COOL JAPAN VIDEOS フォトコン広報-Photo Contest Publicity-
1 days ago
「みんなの投稿」に投稿いただいたお写真をご紹介! インバウンド観光情報SNS「クールジャパンビデオ」ピックアップ投稿です。 本日は「LuLu」さんの投稿「神奈川県/箱根彫刻の森美術館、360度ステンドグラスに囲まれた「幸せをよぶシンフォニー彫刻」」をご紹介します。 鮮やかなステンドグラスに囲まれた空間が幻想的なお写真ですね。 関東地方・神奈川県足柄下郡箱根町にある箱根 彫刻の森美術館(はこね ちょうこくのもりびじゅつかん)は1969年(昭和44年)に開館した野外美術館中心の美術館です。 約7万平方メートルの敷地内に120点のアート作品が野外展示され、散策しながら芸術を楽しめます。 館内にはレストランやカフェも完備。 「The Hakone Open-Air Museum Café」ではオープンエアーミュージアムならではの空間で自然を眺めながら心地よいひとときが過ごせます。店内の一角では、ここでしか手に入らない彫刻の森美術館オリジナルグッズも販売。 カフェ限定のグッズもありますので、お土産にいかがでしょうか。 ビュッフェスタイルのレストラン「ベラフォレスタ」では旬のメニューが食べ放題でいただけます。 また、5分以内で行ける近隣のランチスポットもおすすめです。 箱根 彫刻の森美術館のチケットは、「公式電子チケット アソビュー!」や「コンビニ前売券」にて購入可能。 公式ホームページからは「インターネット特別割引」も入手できます。 また「彫刻の森美術館入場券付きプランの宿泊施設」もあります。予約情報は各種旅行サイトをご確認ください。 彫刻の森美術館の所要時間は約2~3時間程度ですが、子供連れやランチをゆっくり楽しむ場合は3~4時間と少し長めに時間をとっておくといいでしょう。 ◆交通アクセス◆ バスタ新宿から箱根を結ぶ高速路線バス「小田急高速バス」のご利用が便利です。 【電車】 小田原駅→箱根湯本駅→箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分 【車】 ■東京方面より 東名厚木IC→小田原厚木道路→国道1号線→宮ノ下交差点左折→強羅方面右折→県道723号線、約500m
LuLu
Oct. 17, 2020
神奈川県/箱根彫刻の森美術館

光と色の芸術に囲まれて🎶

360度ステンドグラスに囲まれた「幸せをよぶシンフォニー彫刻」
美しい色彩を全身で感じたら
とってもHappyな気分になれます
  • Art museum
  • Art
  • Sightseeing
  • Great view
  • Travel
  • Photo Contest
  • Instagrammable
  • Photography
  • Hakone
  • Kanagawa Prefecture
COOL JAPAN VIDEOS フォトコン広報-Photo Contest Publicity-
4 days ago
「みんなの投稿」に投稿いただいたお写真をご紹介! インバウンド観光情報SNS「クールジャパンビデオ」ピックアップ投稿です。 本日は「ksk1991fksm」さんの投稿「銀山温泉の雪景色」をご紹介します。 温かみのある街頭に照らされたレトロな街並みが美しい一枚ですね。 銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、東北地方・山形県尾花沢市にある「東の温泉情緒No1」にも選出された温泉街です。大正末期から昭和初期に建てられた旅館が軒を連ねるノスタルジックな景観が印象的。 昔ながらの街並みは、ドラマ「おしん」の撮影地としても有名で、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったといわれています。 また昼間はもちろん、街頭が煌めく幻想的な夜景はインスタ映えするスポットとしても人気です。 銀山温泉の川沿いには大正ロマンを堪能できる旅館が満載。中でもおすすめは、人気旅館の「銀山温泉 伝統の宿 古山閣」、無色透明の100%源泉掛け流し温泉で、檜造りの貸切り露天風呂も楽しめます。 登録文化財の宿「能登屋旅館」は千と千尋の神隠しの世界観も感じる木造三階建ての旅館です。温泉は展望露天風呂や洞窟風呂があり、また地元の食材を使用した尾花沢牛や鴨などのお料理も魅力のお宿。 日帰り旅行には、「共同浴場 しろがね湯」(利用料500円)や無料できる「和楽足湯」もおすすめです。 ◆交通アクセス◆ 東京から山形新幹線で約3時間+直通バス40分 【日帰り観光の場合】 「共同駐車場」「大正ろまん館前」に駐車(共同駐車場より先には日帰り観光駐車場はありません) 各駐車場からは、有料バスを利用
ksk1991fksm
Oct. 16, 2020
銀山温泉の雪景色。
輝く街並みが美しいです。
  • Ginzan Onsen
  • Hot springs
  • Snowscape
  • Great view
  • Instagrammable
  • Photo Contest
  • Sightseeing
  • Travel
  • Obanazawa
  • Yamagata Prefecture
COOL JAPAN VIDEOS フォトコン広報-Photo Contest Publicity-
5 days ago
「みんなの投稿」に投稿いただいたお写真をご紹介! インバウンド観光情報SNS「クールジャパンビデオ」ピックアップ投稿です。 本日は「umestagram」さんの投稿「東京都にある豪徳寺」をご紹介します。 素朴な表情の招き猫たちがかわいらしいお写真ですね。 招き猫にゆかりのある「豪徳寺(ごうとくじ)」は、関東地方・東京都世田谷区にあります。 その昔、彦根藩主の井伊直孝が鷹狩りの帰りに、お寺にいた猫に手招きされ中に入ったあと突然雷鳴が訪れます。猫のおかげで難を避けられた上に、和尚との会話も楽しめたというエピソードが「招き猫発祥の地」の由来となっています。 これをきっかけに豪德寺は、井伊直孝に支援され寛永10年(1633年)に再興しました。 豪德寺では招き猫のことを「招福猫児(まねきねこ)」と呼んでいます。境内にある「招福殿」には大小さまざまな招福猫児が奉納されており、その光景は圧巻です。 社務所では御朱印や、招福猫児のお守りや置物を授かれるのでお土産にいかがでしょうか。 周辺にあるカフェ「まほろ堂 蒼月」では、「まねきねこどら」といった豪德寺にちなんだメニューがいただけます。 交通アクセスは、小田急小田原線・豪徳寺駅から徒歩約10分、東急世田谷線・宮の坂駅から徒歩約5分。駅前や商店街には猫モチーフの看板や置物が多く、駅から豪徳寺へ行く間にも見どころが満載です。
umestagram
Oct. 17, 2020 (edited)
東京都にある豪徳寺。
ここには猫の置物がたくさんあります。

撮影機材 SONY α7III
編集ソフト Lightroom
  • Cat
  • Traditional culture
  • Temple
  • Photo Contest
  • Shuin
  • Sightseeing
  • Travel
  • Setagaya City
  • Tokyo
  • Kanto region

Recommended Articles